下地の種類

“ふすま”には、いろいろなタイプの芯材があります。

 ふすまの内部構造(下地)の違いによる分類


和ふすま 発砲系ふすま ダンボ−ル芯 ペ−パ−コア−芯


種類 概要 摘要 上貼
和襖 本 襖 在来型の最高仕上げで、部材の大きさや下貼紙・うけ紙の施工法により多くの仕上げ方がある。 何度でも張り替え可能。
本格的な最高級襖の仕上げが可能
浮かし貼り 隠し釘
在来襖 木製の周囲カマチと縦3本横11本の中子で障子のように組んだ骨地に、下張紙・胴張紙を張った襖下地 何度でも張替え可能。全国の襖施工店で対応可。(社)公共建築協会共通仕様書ふすまT型に対応。 浮かし張り 隠し釘
チップボ−ル襖 従来型の骨地に、下張紙として耐水高圧紙をホットプレス機で張り上げた襖下地 何度でも張替え可能。組子襖の量産対応型。(社)公共建築協会共通仕様書ふすまU型に対応。 浮かし張り 隠し釘
ペ−パ−コア入 縦・横の周囲カマチと、粗く組んだ中子の間にペーパーコアを入れ、下張紙を張って仕上げた襖下地 何度でも張替え可能。下地製作メーカーは少ない。中部から近畿の一部地域に普及。 浮かし張り 隠し釘
発泡系ふすま 発泡プラスチックをベースにしてチップボール紙とアルミ箔を張った襖下地 関西から中部を中心に一部普及。2タイプ有り。襖椽は下地にはめ込み型で、ボンド付けする。 ベタ張り ボンド接着
ダンボ−ル芯襖 三〜五層位の段ボール紙の芯材にアルミ箔を張った襖下地 関東を中心に普及。関西・中部でも見られる。襖椽は下地にはめ込み型で、ボンド付けする。 ベタ張り ボンド接着
ペ−パ−コア芯襖 木製のカマチや組子は無く、ペーパーコアにアルミ箔とチップボ−ルを張り付けた下地 関西地方の一部に普及。下地製作メーカーは少ない。襖椽は下地にはめ込み型で、ボンド付けする。 ベタ張り ボンド接着
単板ふすま 周囲カマチの中に横桟を15〜20本入れたものを骨組とし、両面に単板(薄くむいた木の皮)を張った襖下地 何度でも張替え可能。
中部地方特有。全体的な供給量は少ない。
浮かし張り 隠し釘