ふすま紙の種類

 

分 類 

ランク 普及品 中級品 上級品 最高級品
鳥の子 茶裏新鳥の子 上新鳥の子 機械漉き本鳥の子 手漉き本鳥の子
織物 普及品織物
柄は機械刷り
上級織物
柄は手加工
高級織物 最高級織物
伝統織物

詳しい説明は下記をご覧下さい。

一般的なふすま紙

ふすま紙はその素材から大きく次のように分類されます。
それを無地のまま使用したり手加工や最新の技術を駆使して絵柄を加工したものが数多く市販されています。
実際のふすま紙のカタログの名称は下表、弊社在庫取扱カタログ名欄の通りです

素材の種類 弊社在庫取扱カタログ名 設計価格  
本鳥の子 雁皮・三椏・楮などの靱皮せんいを原料にした手漉きの紙で、美しく永持ちします。上質な鳥の子ほど施工時には下地骨や下張紙に十分な配慮が必要です。 美かど
彩(いろどり)
5,000〜20,000円以上
鳥の子 本鳥の子が手漉きで作られるのに比べ、鳥の子は機械で漉きます。さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ています。 まこと
青竜
2,000〜10,000円以上
上新鳥の子 鳥の子の普及品で、すべて機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工によるさまざまな図柄があります。一般には略して『上新』と呼ばれています。 花あかり・松島・ひばり・やわらぎ・秀峰・ちとせ・せいか・うらら・和光・明
1,000〜2,000円位
新鳥の子 ふすま紙の中では最も廉価で、製紙・柄付けとも機械により一貫生産されています。下地の透けを防ぐために紙の裏が茶色のものが多く、一般に『茶裏新鳥』と呼ばれます。 山水・角兵衛・まがしま・景勝・ごりん・雄峰・ルノン丈長集・銀せん 600〜1,000円位
上級織物 主としてドビー織など縦糸・横糸ともに糸目の詰んだ高級な織物ふすま紙です。縦糸にレーヨン糸50本/インチ位、横糸に意匠撚糸や絹糸を40本/インチ程度打ち込んでいます。加飾される絵柄も一枚ずつ丁寧に手加工されます。 漣(さなみ)・松苑・磐梯・桃山 3,000〜30,000円以上
中級織物 長繊維のレーヨン糸やスラブ糸・ネップ糸等の意匠撚糸で織っています。絵柄は手加工や最新の技術を駆使して加工し、上品な柄が数多く用意されています。 みやこ・明日香・朝日・近江・わかば・日新・さがの・こだま・春風・住の江 1,600〜3,000円以上
普及品織物 低価格な織物のふすま紙です。絵柄は特殊な輪転・オフセット・スクリーン印刷機などで加工されます。レーヨン糸やマニラ麻糸を縦24本、横22本/インチ程度を打ち込んでいます。 かすが・東新・吉兆・のれん・ふたば・いずみ・はるか・のぞみ・しんせん 1,200〜1,500円位


ふすま紙は上記のように、原紙の種類や加飾の方法によって分類出来ます。
これらは在庫も豊富でそれぞれのグレ−ドに応じたふすまのカタログが表具店や建具店に用意されています。
その他にも、床の間・仏間など用途に応じた金銀加工紙や屏風や衝立用の紙もあります。
またご予算やお好みに合わせて、伝統的なふすま紙や、描絵などの特注品もあります。

特殊なふすま紙  

床天袋・地袋用

描き絵

家紋型押し

伝統織物 本芭蕉・本葛布

本金加工